以前の記事
2011年 12月
2011年 11月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月


今日のオハナシ

今日は

お彼岸ということで

法要の前に
ちこっと

お話をさせていただきました


c0094044_17302775.jpg


あー

ねー

ちょっと
エラソウ

ですが
・・・

でもまー
みんな
メモ
とか取りながら
聞いてくれるので

ウチノ
檀家さんは
やっぱ
信心深いノダナー


つくづく
感心します

c0094044_1732827.jpg


こーやって
ちっちゃい子も
キチンと

お座りして
聞いてくれるのですよ

ほーほー

なんてね

チナミニ
右側の女性の方は
オーストラリアのカタです

なんて
international!!

c0094044_17352617.jpg


だいたい
60名くらいのカタが
本堂に
いらっしゃって
お話を
聞いてくださいました

えー

どんなハナシかというと
ですね

・・・
えー


彼岸とは
簡単に言うとあの世のこと
をいいます

チナミニ
この世は此岸(シガン)
この岸というイミです

んで
今回の彼岸会というのは
この彼岸のこともイミしますが

もともとは
此岸から彼岸へわたること
・・・到彼岸のことをさします

昔のインドのコトバで
パーラミータ
漢字で書くと
波羅蜜多
般若心経というお経の題名でも使われています

つまり
彼岸へ渡る為の修行がこの彼岸会なのです

具体的には6つの修行があるのですが
これらは
実は
仏壇のお供えに表されています

まず水(お茶)
これは生きるものすべてにワケ隔てなく
見返りを求めることなく
潤いを与える
布施
という修行

んで飯
おなかが減っている人は普段より
いらいらしやすいですよね
だから今日もちゃんとご飯を頂いて
気持ちが落ち着いていますよ
禅定
という修行

んで花
花を生けるとき怒りの心をもったまま
いけることはできませんよね
それに花を見ると心安らぐ
怒りの心を静める
忍辱(ニンニク)
という修行

んで線香
線香は昔時間を測る道具でした
その火が消えるまで
仏壇の前にじっと座ってますよ
精進
という修行

んで御香
普段は線香の中に御香が入ってます
お香の香りで精神集中させる
世の中の色んなルール
外れることなく守っていきます
持戒
という修行

んでろうそく
これら5つの修行をちゃんと行い
仏様の教えを守ってますよ
目覚めてますよ
智慧
という修行

この6つを行い
仏様の教えを実行している
その
こころ ← ここpoint!

このこころを
ご先祖や今生きている周りの人たちに
届かせること

これが
報恩
であり

これが
彼岸会の目的
デスネ

まー


このようなキカイに
自分を
見直すコト

自分自身を
立ち止まって
振り返ってみる

時には
そういうことも
必要デスヨネ~
[PR]
by kouhouji | 2006-09-23 17:59
<< 御詠歌 精進料理 >>