以前の記事
2011年 12月
2011年 11月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月


山岡サマ

えー

ティット
テンパッテ
キマスタ

えー
なぜか

・・・
月に一度の
法話会
ガアルノデス

えー
自分で
キメテル
ことなので

まー
いーのですが

えー
一時間

法話を
考えるのは

ケッコウ大変

ナカナカ
まー
ねー

マダマダ
私も

なので
前日になると
テンパッテ来るんですよ

はい

ねぇ

えー
毎月同じようなこと
なのにサ・・・

まー
夏休みの宿題
ミタイナモンデスヨ
コレ



はい

えー

んナワケで
今日は

先日
おすぎさんから

>またまた事件です
 給食のご飯を丸めて遊んでた小四に 校長体罰

とのカキコミ

がありまして

そのときコメントはしたのですが

ドッチにシヨかな・・・

迷って

ボツにした

ネタを

・・・芸人ミタイ?

書かなかった方のコメント
をカキタイと思いマス

えー



山岡鉄舟トイウ剣の達人がいました
ま、有名デスケド
・・・ナゼカそのカタの書がウチには有リマスガ・・・

えー

イチオ
鉄舟について転載します

-----------------
山岡鉄舟先生は、明治維新のハイライトといわれる江戸城無血開城の立役者で、西郷隆盛と勝海舟のトップ会談を実現させ、江戸を戦火から救った幕臣です。

西郷隆盛をして「金もいらぬ、名誉もいらぬ、命もいらぬ人は始末に困るが、そのような人でなければ天下の偉業は成し遂げられない」と賞賛させ、鉄舟先生の活躍に感銘を受けた西郷は、その後自らも無欲を貫いたと言われています。また、鉄舟先生は、剣・禅・書の達人として明治維新後の多くの人材に影響を与え、その中でも明治天皇の教育係として十年間仕え、日本の近代化(特に、精神教育や文化)に多大な影響を与えました。しかしながら、どのような形で影響を与えたのか、詳しくは知られていません。
-------------------

はい

ンデ

その
鉄舟が
剣の道場を開いていたとき

そのカタのお弟子さんがこういいました

「センセイ、この世に神や仏はいるのか」

「もちろんいらっしゃる」

「いやそれはありえない
 ではなぜ私に罰を与えないのか」

「どうしてだ」

「私は毎朝通う道に神社がある
 その鳥居に毎日ションベンをかけてくるのだ

 しかしもう長いことなるが
 カラダも健康そのもの、家族もみな元気だ

 これはどうしてですか」

すると鉄舟は
「バッカモーン!!
 もはやお前は大きな罰を受けておる

 わからぬか?

 神社仏閣の前を通るとき
 礼拝して通るのが人間だ

 鳥居にションベンをかけるのは犬や猫
 のすることだ

 お前は
 鳥居にションベンを引っ掛けるということが
 アタリマエとしか思えぬ

 もはや
 犬猫とオナジ頭になっておる

 それこそ罰が当たっている証拠ではないか」





えー

その
ご飯を食べ物とも思わず、丸めてしまう
その子供は

いくら賢くても
もはや

動物以下

だということデスね

はい
気をツケマショウ
思い込み・・・
[PR]
by kouhouji | 2006-11-25 17:32
<< 手紙ガキマシタ 阿鼻叫喚地獄 >>