以前の記事
2011年 12月
2011年 11月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月


成道会終了

ってね
書き込んでたら
アマリにも眠くて・・・

昨日断念した
日記です

ウーン
修行が足りん・・・

----------------

アイヤー

オワタアルヨー

アイヤー

・・・

ナンテさ
中国人言わないって
・・・
ま、
ニュアンスは
遠くナイケドね

はい

ま、そんなわけで
終わりましたよ
成道会

ハイ

まー
っつても
参詣者
150人くらい
ですけどね~

ウン


人数に関係なく

法要3回と
塔婆供養を
500本と

一人でヤル
てぇのが
大変

ツウカ
バタバタでしたヨ

ハイ

ま、ソンナコンナデ


全国の雲水さんは
座禅中ですよ

ねー

うん

ま、
今しかナイカラね
シッカリ
ミッチリ
頑張って

あ、
この日記
ミレナイか

はい

えー
キモチヲ届けてみました
はい

ってことで
今日は

セッカクなので
本山布教師のカタ
がお話された
一部を

紹介シヨカナ・・・

はい

最近は
色んな
バスツアーがアリマスね

うん


以前よく流行っていたツアーに

「ぽっくりツアー」

なる
バスツアーがあったらしい

はい

これは
神社やお寺を
お巡りするツアーらしく

その神社やお寺に
お参りすると
病気で苦しんだり
痴呆で迷惑かけたり
することなく

「ポックリ」逝ける

ってことで
企画されたモノらしい

うん


その当時は
大人気!!
ジイサンバアサンにね

そらー
ねー

長ーい期間サ
苦しんで死にたくは無かろう
誰も



家族にも
迷惑かけたくナイシね

うん

んなもんだから
大人気

でもね

そのツアーで
ある事件が起きたンデス

はい
ナンだと思います


・・・
実はネ

ホントに「ポックリ」
逝っちゃったンデス

しかも
バスの中で

お爺さんが
「ウーーン・・・」って

ソシタラネ
旅行会社は
エライコッチャ・・・と
大騒動!!

でも
死因は心不全

その後家族の方も

「手をかけないで逝きたいモンじゃ
と言ってましたから
旅行会社さん・・・
そちらの責任は
ナンニモありませんよ
・・・
ま、企画どおり
ポックリ逝ってしまったので
良かったのかもしれません

実名を伏せていただければ
宣伝にでもお使いくださいネ」


暖かいコトバをかけて
下さった

旅行会社のカタガタは
何度もお礼を述べて

おじいさんのご供養にでもなれば

そのことを
広告に
載せたそうです

そしたら
・・・
大反響の大盛況!!



なるのかと
思いきや・・・

パッタリ
人が来なくなったんですヨ

ん?

は?

セッカク
ご利益も証明出来たのに・・・


ねぇ

まぁ


「ぽっくりツアー」に行く人でも
実際

「ぽっくり」逝ってヨシ

って
言われたら
ソンナ
・・・
逝きたいわけないヨ



心も体も
健康な人は

そのことを
オイトイテ

病気にはなりたくない
苦しんで死にたくない


自分の都合ばかり
考えてる


イヤ
デモネ

ワタシだって
病気にも
苦しんで死ぬことも

出来れば
体験したくない
ッス


でも
どんなに気をつけても
どんなに望んでも

病気にかかることもある
苦しむこともある

望んでない結果が
起きることもある

じゃあ
ドウスルノ??



えー

江戸時代の
禅宗のお坊さんに

良寛さん

というかカタ
がイラッシャッタ

そのカタのご友人が
あるとき
大地震に遭遇し

家はペシャンコに潰れてしまい
家族はその下敷きになって
亡くなってしまいました

お葬式をしようにも
田畑はボロボロで
しばらくは収入のめども
立ちません

地震という天災ですから
誰にも責め様がなく
途方にくれて

もう
死んでしまおうか

オモッテタ・・・

そんな時
そのカタの元へ
一通の手紙が
きました

差出人は
良寛さんでした

その手紙には
短い文章が
こう
書かれていました

良寛和尚いわく

『災難に遭う時節には
災難に遭うがよく候
死ぬ時節には
死ぬがよく候
是はこれ
災難をのがるる妙法にて候』

(厄災から逃れるためには

たとえば
災難に遭ったなら
災難に遭うこと
死ぬときは死ぬこと

これが
厄災を逃れるための
仏の智慧である)



えぇぇぇ!!!!

チョットォ
ヒドクネ????


友人は思いました
(イヤ・・・コトバは違うとオモウケド)

ん?

待てよ? と

アブナイアブナイ と

オレは
死ぬトコだった

この苦しみから逃れるには
死ぬしかない
ソウ考えていた

今は「死ぬ時節」ナノカ?
イヤ
チガウ・・・

ナンデ
オレが生き残ったのか?

無念かも知れず
死んでいった家族は

セッカク生き残った
俺が死んだら
どう思うだろう?

誰が菩提を弔ってあげるのか?

語りようもない位
悲惨な現実・・・
ケレドモ

そこから逃げたところで
この現実が
消えてなくなるわけじゃない

ナラバ
認めようじゃないか
災難に

いや
どこまでも追っかけてくる
災難に
遭おうじゃないか
正面から

ソシテ
取り込もうじゃないか
なりきろうじゃないか
災難を

・・・

気づかれたソウデス

ハイ



えー

ナカナカネ
実際遭った事がナイト
・・・ホントカヨ・・・
って
言っちゃうかも知れません

はい

それに
実際遭ったら
ソリャ
モウ・・・
心身ともに
疲労困憊

ライフゲージ0(empty)
デスヨ

デモ
人間は立ち上がることができる

ソレを
赤ちゃんの頃から
練習してきてるわけだから

覚えてナイダロウケド

誰にも教わらず
立てたでしょ?



うん

アレ?

どこまでが
布教師さんの
お話か
判んなくなっちゃった

ま、ね

最近はリセット
ってコトバ

イイ意味じゃ使われなく
ナッテキタけど

いつまでも
苦しまない
リセットボタンを

自分で押すことも
ダイジ
ジャナイかい?

はい

ってことで
今日は
いい天気!

絶好の
草引き日和
yeah~
[PR]
by kouhouji | 2006-12-04 18:45
<< ヤサシサライセンス 一座終了 >>