以前の記事
2011年 12月
2011年 11月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月


ハンドル

アッチャァ・・・

マタも
書き損なっトル

しかも
todayは
オトマリなので・・・

お寺行事
3連荘

先日のお葬式のカタの
初七日も
日曜デスシね~

えー

ナントナクそわそわ
してしまう
今日この頃

ミナサンは
イカガお過ごしでしょうか?

はい

うーん

ソイエバ
昨日のお葬式には
前佐賀県知事
が来てて

弔辞を
お読みにナッテタ

なんか
30年来のお付き合い
らしく

肩を震わせ
涙ながらに
読み上げてラッシャイマシタ

他に
2人の方も
男性の方でしたが

声を押し殺すように

「ここで
泣いてしまうと
また
○○さんから

『まーた男んクセになんしよっか』

と怒られてしまいますので
心から感謝の言葉を申し上げます」


お話なさったのを
目の当たりにして

こんなにも
周りのカタガタに慕われていらっしゃったんだな
と再認識シマシタし

自分自身改めて大事なことを
学ばせて頂いたナァ・・・
と思いました

はい

うん

えー

てところで
今日は
孔子のオハナシ

論語によると

あるお弟子さんが
孔子センセイのもとへきて
こういうことを尋ねた

「センセイ・・・
国を治めるために
一番大切なものは
ナンデスか?」



孔子センセイは
「兵と食と信
兵力と食料と信頼だ
この3つがなければ
国は治まらん」

とお答えにナリマシタ

ホウホウ・・・と
ソレガ揃えば
完璧やろぉ・・と

ソシタラ
その
お弟子サン

「経済上
やむを得ず
1つ
捨てなくてはならない
トシタトキ
どれを捨てますか?」

と突っ込んでミマシタ

ソシタラ
孔子センセイ
「兵を除く」
とお答えにナリマシタ

まー
現代の世界情勢なら
マダシモ

時は春秋戦国時代

中国は隣国と接していますし
軍備を捨てる
トイウコトは
よほどじゃないと

不安だったとオモイマス

しかし
国民が
生活出来るだけの
食料を確保し

政府が国民からも
外国からも
信頼されていれば

タトエ軍備がなくても
やっていける


お答えにナリマシタ

ウン・・・
金サンにキカセテアゲタイね

はい

んで

ナルホドォ・・・と

ソシタラ
ソノお弟子サン
マタ粘って

「アトに残った
食と信
この2つ
どちらかを捨てなければならなく
なった場合
どちらを捨てますか?」

と聞くと
「食を去く
食料を捨てる」

とお答えにナリマシタ

ソシテ続けて
「貧(とぼ)しきを患(うれ)えずして
均(ひと)しからざるを患う」

食料は乏しくっても
政府が国民から信頼されていれば
乏しきを分け合ってでも
やっていける

しかし政府が国民からの
信頼を失い
国民同士に信義というものが
なかったら
国家は成り立たない

結局
「信」
というものが
政治における
最大の要だ

とオッシャッタンデス



今の政治を
見てみると

食料という部分を
経済として考えてみれば

・・・ま、お金だね

少しでも多くのお金を
どうにかして手元に置きたい

他人が儲かるのはユルセナイ

給料が少ないのは
お金が少ないのは

不幸なんだ

ろくなご飯も
食べられない

ミタイナ

そういう
世の中ツウカ
世論ツウカ

なってマセンカネ

しかし
孔子は
人間にとって
モットも必要なものは

食より信だ
信がなかったら
人生も社会も
成り立たない

と示されてイマス

「大車輗(げい)なく小車軷(けつ)なくんば
それ何を以ってか之を行(ゆ)らんや」

人間に
信と言うものが
なかったら

それはちょうど
車にハンドルがないようなものだ


どんなに車体が立派でも
ハンドルがなかったら
動きもしません




ドウッスカ?

現代の
知識人と
成功者と
呼ばれる方々

すばらしい方も
タクサンいらっしゃいます



知識という
お金という

車体が
立派ダケレドモ

肝腎な
ハンドルが
ついてない
カタも
少なくないんじゃない?

また
ソレを
信奉してるカタも
少なくないんじゃない?

うん



知識も必要ですヨ
ソリャ

お金も然り・・・

でも
大事な部分を
ないがしろにすると

ほら
車体が大きいから

巻き添えンナル人
多くナッチャウ

巻き添えンナッチャウ人達にも
家族・友人・同僚が居るから

その
責任って
大きいよね

大きくは行政だけど
会社であろうと
学校であろうと
家庭であろうと

「この車ハンドルついとるんかね?」

タダ走ってるダケジャ
道から転げ落ちちゃうかも
シレマセンヨ

まずは
自分自身の
ハンドル

確かめなきゃデスネ
[PR]
by kouhouji | 2006-12-09 10:42
<< 復活っス お通夜ッス >>