以前の記事
2011年 12月
2011年 11月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月


坐禅和讃

っていう
和文のお経がアルンデス

白隠禅師という
江戸時代のエライ和尚さんが作られたもの
デスガ

坐禅

って御存知ですよね

それって
どういう
効果があるんですか?

って質問を
よく受けます

一言で言えば

「座らないとワカラナイ」

デスカネ

座ってもワカラナイこともありますヨ

デモ
座らないとワカラナイ

お釈迦様が
悟りを得られた
スタイルは
坐禅です

だから
坐禅ってなんなの?

って
思う方は
この
坐禅和讃→解説

読んでみたら

ヒントがあるかも
シレマセン

-------------
坐禅和讃

衆生本来仏なり
→私たちの本来は仏なのである。
水と氷の如くにて
→それは水と氷のようなもので、
水を離れて氷なく
→水がないと氷ができないように
衆生の外に仏なし
→私たちでない仏はありえないのである。

衆生近きを知らずして
→ところが、私たちがそのまま仏であることに気付かず、
遠く求むるはかなさよ
→外の世界に仏があると思ってしまう哀れさは、
譬えば水の中に居て
→例えば、私達が水の中にるにも関わらずに、
渇を叫ぶが如くなり
→のどが渇いたと叫んでいるようなものである。

長者の家の子となりて
→また、裕福な家の子に生まれたにも関わらずに、
貧里に迷うに異ならず
→貧しい里をさまよい歩いているのと同じである。

六趣輪廻の因縁は
→私達が迷いの世界から抜け出すことができないのは
己が愚痴の闇路なり
→真実を知らぬ愚かさにある。

闇路に闇路を踏みそえて
→考えてみよ、迷いに迷っているうちに
いつか生死を離るべき
→本来から仏である私たちは死んでしまうではないか。

それ摩訶衍の禅定は
→そもそも大乗の禅は、
称嘆するに余りあり
→感動するに余りある大きな支えとなる。
布施や持戒の諸波羅蜜
→他人への施しや自分自身への戒め
念仏懺悔修行等
→念仏や反省、他力の信心、自力の修行など
その品多き諸善行
→数々の善行はあるが、
皆この中に帰するなり
→それらは全て「禅定」の中に含まれている。

一坐の功を成す人も
→喩え一時でも、心を落ち着けて坐った人は
積みし無量の罪ほろぶ
→今までの迷いや不安は軽くなる。
悪趣いずくに有りぬべき
→悪い出来事などはどこにもない。
浄土即ち遠からず
→安寧の地は今正に目の前にある。

辱なくも此の法を
→ありがたいことに、この教えを
一たび耳に触るる時
→一たびでも耳にして
讃嘆随喜する人は
→感動して喜び、信じ、讃えて受け入れる人は
福を得ること限りなし
→必ず幸せになるだろう。
いわんや自ら回向して
→ましてや自ら積極的に修行して
直に自性を証ずれば
→本来の己と出会えれば
自性即ち無性にて
→自然と迷いや不安は消え
すでに戯論を離れたり
→同時に欲望の下降螺旋から離れてしまう。

因果一如の門ひらけ
→そして、原因と結果の境界が消え去り、
無二無三の道直し
→たった一つの真実の道に全ては収斂する。
無相の相を相として
→全ての出来事は瞬間的な現象であるという真理により
往くも帰るも余所ならず
→どこに行っても、心は安らかなままとなる。

無念の念を念として
→無心となって雑念を起こさなければ
謡うも舞うも法の声
→歌う時にも踊る時にも、仏の声が聞こえるはずである。
三昧無礙の空ひろく
→拘らない囚われない偏らない心は、大空のように果てしなく広がり
四智円明の月さえん
→真理を象徴するような美しく清らかな月が輝くだろう。
この時何をか求むべき
→そんな時、私たちは何か求めるものがあるだろうか。

寂滅現前するゆえに
→迷いや不安がなくなった心であるから、
当処即ち蓮華国
→今・此処が安寧の地であることに気付き、
此の身即ち仏なり
→心身一如となっている己の此の身体がそのまま宇宙の叡智の凝集であることに納得が行くのである。

------------------
ハイ

ドウデショウ?

前にも書きましたが
お経というのは
薬でいえば
処方箋

薬は飲まなきゃ
キキマセン

坐禅も
やらなきゃ
キキマセン

やってみたい方は
高峰寺へ

モシクハ
お近くの
禅宗のお寺を
お尋ねになってみては
イカガデショウ?

本日
今から
坐禅会デス

イッテキマス
[PR]
by kouhouji | 2007-01-05 13:31
<< 卵かニワトリか・・・ 初春のオアソビ >>