以前の記事
2011年 12月
2011年 11月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月


研修で

気付いたことがあって
・・・

今回で
4回目
だったのですが

今までに無く
スラスラと
お話を
作れたんだよね
・・・

まぁ
アドレナリンが
出てたせいも
アルケド・・・

研修では
それぞれ
研修生が発表
します
15分

んで
みんなの
話を聞いて
それぞれに
講評するんです

こんなところがいい
とか
こんなとこが
もーちょっと
とか
・・・

んで
話を聞いてたら
ナンカ
・・・
昔の自分を
思い出した
んです

なにかというと

話が
ミョウに
作ったッポイ

つうか
作ってるんだけど
・・・

その
フィクション
ノンフィクション
でもなく
・・・
ナンテイウノカナ・・・

法話って
起承転結を
きめて
文章を作るのが
一番いいんです

ドラマティックに
何の話を
するんだろう?


種明かしをしない
話し方って

作るときは
面白そうだけど

聞いてるほうは
仏教の話
という
前提があるから

イマイチ
面白くないんです
逆にネ

だから
キホン
起承転結
ナンダケド

今度は
ソレが
型にはまりすぎて
ストーリーが
判りすぎる

そのうえ
話を組み立てていくと
話し同士を繋ぐ
接続が
ぎこちなくて

普段
思いもしないような
使いもしないような

オメェ・・・
ソンナコト
ホンキ??

みたいな
コトバまで
飛び出してくる
・・・

殆どの人が
ソウダネ
つうか
ソウダッタ

オレモだし

でもね
今回は
違ったんです

変わったの
自分でも
わかるくらい
話し方が
・・・
ウン

それが
変わるのは

気持ちと
コトバが
一緒になったとき
ナンダト

つまり
ワレワレが
話す
法話ってのは

仏教の
コトバ
教え

だから

どこかで
違う次元に
おいたまま
話しているような

ソンナ
感覚が
あった

昔の人の話だし
コトバだし

でも
今回は

そのコトバを
できるだけ
自分の生活
自分の気持ち

置き換えて
話してみた

昔の人が
話したであろう

そのときの
気持ちになって

なりきる・・・

そしたら
次々と
話が
浮かんでくる

当然
体験談だし
読んだ本だし
聞いた話だから

ほぼ
無限

それを
組み立てるのは
簡単な作業
なんだよね
・・・

だから
いつもは
遅くまで
ノートパソコンと
向き合って

4000字

作って
印刷して
読んで
直して
中途半端だけど
寝るのは
2時、3時

みたい
だったけど

今回は
全て
メモ書きの
紙1枚

1時には
十分練り直して
寝れる

ウン

経験って大事だね

そして
ほんとの意味で
理解するか

ウン

えー
マダマダ
研修続いてます

あ、
明日からは
試験説法やなぁ・・・

ミンナ
ガンバレ~
[PR]
by kouhouji | 2007-05-23 21:14
<< 試験 帰ってマイリマスタ >>