以前の記事
2011年 12月
2011年 11月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月


一息つけば

イロンナモンが
見えてくる


ヨク
イイマスが

実感デスネ~

毎日
パオの散歩で
裏庭に連れて行くんですが

今日は
荷物が
一つ片付いたので

ハイ
期末試験ね

とりあえず
資料提出できたので

ウン
ま、修正箇所は
あるヤロウケド

気分爽快ですよ

そしたら
今日
裏庭に
行ってみたら

咲いてるンダヨネ
イロンナンが

水蓮・・・

c0094044_10103961.jpg


c0094044_10105579.jpg



くちなし・・・

c0094044_10111585.jpg


イヤ、ホント
気付かされるね

花が
美しく咲いていると
気付かないほど
心にゆとりが
無いときは

優しくないよね
自分にも
他にも

その気持ちを
忘れないために

仏壇には
お花を供える
・・・
仏さんの方じゃなくて
仏壇の前に
座る人のほうを
向ける

仏壇の前に座る人が
その気持ちを
忘れないように

ソウイウ
意味が込められてる
んデスヨネ

ウン
・・・
ソイエバ

昨日は
ウチの檀家さんの
三七日
でしたが

奥さんが亡くなられていたお宅で
昨日は
旦那さんと娘さんが
いらっしゃいました

旦那さんは
ウチのお寺の役員を長年されてたのですが
いっつも面白おかしく
役員会、お寺の行事を
盛り上げてくださる方です

昨日も
「もう・・・法事なのに
 こんなに笑わせてごめんね~」
って
仰るほど
明るく、笑って、楽しい
・・・不謹慎カナ?
時間を過ごさせて頂いたんです

でも
そのカタが昨日の朝方から
腰を痛めたらしく

それならと
ウチに来ていただいて
施術を受けてもらいました

この方
自分でも仰ってますが
「いいことはいい!
 駄目なことは駄目!」
とハッキリ言われる方なのですが

「ちょっと・・・
 ホント軽い・・・?
 動くよ・・・ほら見て」


驚いた様子で
カナリ好評でした

そしたら
「ちょっと・・・和尚さん
 たまにはお食事でも
 一緒にいかがですか?」

と言われ
初めて二人で
食事に行く
コトニナッチャッテ・・・

途中からは
今のお寺の役員さんも
加わり2次会、3次会
へと

盛り上がっちゃって
コレ・・・
マタ

半分は
シモネタやし
・・・

マーマー

ハイ

ウン

ケッコウ
遅くまで
ご一緒させていただきました

アイ

デモね
その途中に
何度も

そのカタが
亡くなられた
奥さんの話を
ナサイマシタ

「私はこうやって
 飲み歩いて
 バカ言って
 カラオケ歌ってね
 ・・・
 でもね
 ウチのは殆ど出ないんですよ
 こんな風には
 だからね
 帰ると話すんです

 あそこに言ったよ~
 カラオケで何点だったよ~
 とかね

 遅くなってもね
 半分寝ててもね
 聞いてくれるんです

 聞いてなかったかも
 しれないけどねぇ
 ははは・・・」

と笑いながら

ハンカチで
目を
押さえてらっしゃいました

「もう
 こうやってね
 お店の人も判っているんだけど
 今までと
 同じようにしてくれてね
 
 ありがたい
 ・・・

 私はネ
 ホントおかげさま
 って感じてますよ

 生かされてるんだなぁ
 と
 この、この人たちにもね

 有難いね・・・ほんとに

 和尚さんも
 付き合って頂いて
 有難う御座いました」
 
・・・
あぁ
これが
この方の
供養なんだな

と思いました

こちらこそ
有難い

・・・
花は黙って咲き 黙って散っていく
そうして再び枝には帰らない
けれども
その一時一処にこの世の全てを托している
一輪の花の声であり
一枝の花の真である

永遠にほろびぬ生命の喜びが
悔いなくそこに輝いている

・・・
presented by

南禅寺
元管長
柴山全慶老師
[PR]
by kouhouji | 2007-06-13 10:11
<< やたー とりあえず >>