以前の記事
2011年 12月
2011年 11月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月


御通夜でした

ハイ

つまり
明日は葬儀

ウン

亡くなられた方は
お寺の役員を
されてた方で

ワタシもお世話になった方でした

78歳

でしたが
ガンだったそうです

「もう
 ねぇ
 虫も殺さないような性格やったもんね~」

と息子さんが仰るように
とっても温和で
いっつもニコニコされてました

「でもね
 怖くて仕方なかったんですよ
 ホントは

 ・・・もう
 怒るとスゴイ恐いんですよ」

と言う言葉を聴いて
ソイエバ役員会の時も必ず何か一言
おっしゃてました

お寺のために
今何が出来るか
今何をすべきか

・・とにかく一生懸命だったんだなぁ

息子さんの言葉を聴いて思い出しました

この方がなくなったのは
2/10の19:05だそうです

実は
この
2/10も19:05は

この方の

孫娘さんの

結婚式が

ちょうど
終わった
時間だったそうです

・・・
・・・
ワタシは

このことを聞いて
こんな深い
御恩があろうか・・・と
思いました

いつも
ニコニコされていた
この方は

孫娘さんの晴れ姿

最後の最後まで
見届けて
「おめでとう
 おめでとう」
と笑いながら旅立たれたのではなかろうか・・・

そう思いました

この方の
お父さんは

この方が7歳の時に亡くなられたそうです

だから
余計に
父の居ない子供の気持ちを
思ってらっしゃったのでしょう

昔は炭鉱でお仕事されていたそうです

炭鉱と言えば
爆発や落盤事故・・・

この方も何度か遭遇されたそうです

しかし
全て生きて戻ってこられてた

「オイが死んでどがんすっか
 オイが死んで誰が面倒みっか
 生きんば・・・生きんば・・・」

そうやって
3人の子供さんをお育てになったそうです

父母恩重経に
「父母の恩重きこと天の極まり無きがごとし」
とあります

こんなに深い恩を
目の当たりに
させて頂いたのは

この方が
「和尚
 しっかりやりよるか?
 頑張りよるか?
 見よっぞ
 見よっぞ
 頑張れよ」


言っていただいている
気がしました

深く
深く
感謝です

そんな方の
最後をお勤めさせてもらう
こんな幸せはありません

ありがとう
ありがとうございます

明日は
精一杯お勤めさせていただきます

合掌
[PR]
by kouhouji | 2008-02-11 19:52
<< なんて言えば? 慈悲に会う場所 >>