以前の記事
2011年 12月
2011年 11月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月


巣が

ヤラレマシタ

一瞬

黒い影が
飛んできて

あっ

っと
いうまに
ヒナが

・・・

親燕は
鳴きながら

なんかいも
なんかいも

巣の周りを
飛んで

今日
帰ってくるときも
巣の横に
止まっていました

・・・

子ども達は
ちょうど
その襲撃現場を目撃
しており
しきりに
保育士サンに

なにしたの?
どうしたの?
つばめさんは?

・・・
質問していました

夕方
調理師さんが
帰るとき
こんな話をしてくれました

「先生
 私は今日びっくりしました

 子どもたちがですね
 いつものように
 給食を取りに来たんです

 そして
 いつものように
 『おいしいきゅうしょくを
  いつもありがとうございます』
 と言ったんです

 そしてそのあとに

 『いのちをたべていきている
  ぼくたちはしあわせです
  ありがとうございました』

 って言ったんですよ~

 もう
 あー
 ホントねぇ

 教えられるとね~

 と思いましたよ」

・・・

ハハァン

保育士サンが
そう
子ども達に教えたんだな
と思いました

・・・にしても

いのちを頂いて
生かされてる

言われなくても
判ってることですが

忘れてる事だな
って
思いました

でも
子ども達は
おそらく
このコトバを
生涯忘れないでしょう

子どもって
その時期に覚えた印象的な言葉を
何回も何回も
繰り返すんですよね

いい
言葉を
もらったんだなあ


さすが
ウチの
保育士サンだなぁ


毎日が
勉強です

アリガタシ
[PR]
by kouhouji | 2008-05-14 21:34
<< 書道教室 帰宅 >>