以前の記事
2011年 12月
2011年 11月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月


2006年 10月 11日 ( 1 )

コドモン

えー

風邪気味です

イキナリですが

えー

ミナサンも
風邪には
お気をつけ下さい

pointは
予防と
対策です

bestはうがいだね

えー
もう
引いてしまった
ワタシがいっても
説得力0
デスネ

はい

引いたからこそ
ミナサンには
気をつけてほしい
っすね

はい

ダルイっす

えー

このブログ
を御覧の方に
小さなお子さん

お持ちのカタ
も多いようですので

ま、
これから
持たれるカタガタ
にも
少しは役に立つかもしれません

心理学の
観点
からみた
子供との
接し方に
ついてデス

転載します

------------------
子供の心理・幼稚園児の心理・小学生の心理
(赤ちゃんの発達心理学・幼稚園児の発達心理学・小学生の発達心理学、劣等感)


赤ちゃんの心理(不信感と信頼感)
人間の赤ちゃんは、馬やサルに比べると、とても無力です。
歩くまでに1年もかかります。
けれど、何も感じていないわけではありません。
むしろ、生まれたときから、とても敏感なこころを持っています。

生後2、3日の赤ちゃんでも、単純な絵よりも、人間の顔の絵を好んで見ます。
また、他の音よりも、人間の声に耳を傾けます。
人は、生まれてすぐに、人を求めているのです。

でも、おかあさんの温かなお腹の中で何の不自由もなく生きてきた赤ちゃんにとって、外の世界は楽な世界ではありません。
自分の周りに他の人間がいても、自分を助けてはくれないだろうという不信感が生まれそうになります。
その不信感というハードルを乗り越えて、人間への信頼感を持たなくてはなりません。

この時期の基本的な信頼感が、将来の人間関係の土台になります。
私たちは、基本的に人を信頼できるからこそ、友人や同僚や家族とうまくやっていくことができるのです。

基本的信頼感を育てるためには、母親(または赤ちゃんの面倒をみる特定の誰か)の愛情が必要です。
普通、赤ちゃんは何をしてもゆるされます。
おしっこやウンチをもらしても怒られないし、どんなに泣いても泣き虫だなんて非難されません。
何もできなくても、バカにされるどころか、深い深い愛情で包み込まれます。
この愛の中で、人生への希望と、人への基本的信頼感とが育つのです。

幼稚園前 1才半から3、4才(恥と自律)

赤ちゃんを卒業すると、体を自由に動かすこともでき、自分の自律的な意志を持って活動できます。
親もしつけを始めようとします。
そのはじめが、トイレット・トレーニングです。

今までは、親に言われるままにしていた赤ちゃんが、何でも自分でやりたがります。
もちろん、口が達者になってくる割には、まだまだ上手にはできず、失敗したり、怒られたりすることもあるでしょう。
そこで、恥を感じたり、自分の能力を疑ったりします。

けれども、このハードルを乗り越えて、自律するこころを持たなくてはなりません。
子どもが上手にできないからといって、子どもにやらせなかったり、叱りつけたりしすぎると、このハードルを越えることができません。
子どものチャレンジ精神を尊重して、自律のこころを育てましょう。

幼稚園のころ 3、4才から5、6才 (罪悪感と積極性)

子ども達の遊びは、どんどん複雑になります。
目標を達成するために計画を立て、達成を目指します。
しかし、大人の目にはそれがイタズラに見えるときがあります。

怒られて、罪悪感を感じることもあるでしょう。
もちろん、常識的にみて危険すぎることなどは、やめさせなくてはならないでしょう。
けれども、思い出してみて下さい。
がらくたを集めて何かを作ったり、大人の知らないところに秘密基地を作ったり。
どんなに楽しかったか。

このような遊びを通して、子ども達は成長します。
自発的に行動した結果、怒られて罪悪感を持つこともあるけれど、それを乗り越えて、目的を立て積極的にいきることを、遊びを通して学ぶのです。

小学校から思春期まで、(劣等感と生産の喜び)

小学校に入るころの年になると、生活に必要なことを学び始めます。
文化によっては、弓矢の使い方だったりするのですが、私たちの社会では、読み書きや計算です。
これを勉強することは、とても大切です。

でも、気をつけなくてはなりません。
何かを勉強し始め、練習し始めると、どうしても、理解の早い子、遅い子が出てきます。
劣等感を持つ子がでてしまうのです。

たしかに、知識や技術を身につけることは大切です。
でも、劣等感を持たせないことは、もっと大切です。
字を読むことが、人よりも少し下手でも、読書の楽しさを学ぶことができれば、その人は本を読み続けるでしょう。
反対に、平均的な成績でも、数学は苦手だという劣等感を持ってしまえば、学校を卒業した後で自発的に勉強することは、ほとんどないでしょう。

ある小学校2年生の女の子と話をしているときです。その子は言いました。
「あたしはバカだから。」
私は、これを聞いて無性に腹が立ちました。
一体、誰が、この小さな子に「おまえはバカだ」と教え込んだのだろう。
もし、学校が子どもに劣等感を刻み込むところだったら、そんなところには行かない方が良いぐらいです。

教師にとって、子どもに劣等感を持たせない技法を知っていることが、とても大切なことだと思います。
子ども達は、この時期に劣等感を乗り越えて、何かを作り出す喜びを知るのです。

------------------

えー

判ってる

おっしゃるかたも
いらっしゃるかもしれません

ただ

いちど
自分のこととして
謙虚に
振り返る
時間も
必要だと
思いませんか?

足元を見よ

看脚下
カンキャッカ
といいます

ご参考までに
[PR]
by kouhouji | 2006-10-11 16:32