以前の記事
2011年 12月
2011年 11月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月


2006年 10月 28日 ( 1 )

今日の料理

テッテケテケテケテッテッテェ~↑
テッテケテケテケテッテッテェ~↓

えー
今日の料理テーマ曲
presented by NHK

はい

えー
判りにくくてスイマセン

はい
先日に引き続き
仏教語について
書こうと思いましたが

如何せん

ワタクシの
頭の中は

料理のことで
イッパイイッパイ
なので

今日は
つうか


作ってきた
明日のための
料理を
ご紹介いたします

えー
テキストの
23ページ

はい



はい
アリガトウゴザイマス

温かく見守ってクダサイ

今日の料理は
これ

c0094044_11173184.jpg


はい
焼肉?
ん?
キムチ?

えー
これは
こんにゃくです

もっともキホンな
修業道場の
精進料理

ピリコンです

えー
デハ作り方
まず
こんにゃくを湯通しします
熱湯にこんにゃく入れて
沸騰して1分くらいかな

んで
割り箸を十本くらい用意して
コンナ風に持ちます
c0094044_1120341.jpg


そして
こんにゃくを
マンベンなく叩いていきます
とくに周辺部分は
こんにゃくの食感が残りやすいので
残らないように
丁寧に叩きます

すると
こんにゃくが最初の大きさの
2倍くらいの広さになります
コンナン
c0094044_11215969.jpg


このようにして
表も裏も叩きます

んで
叩いたこんにゃくを
一口大の大きさにちぎっていきます
c0094044_11232237.jpg

割り箸を使って引きちぎるように
した方がいいです

ま、大きさは
これくらいになるかな
c0094044_1125078.jpg


それをざるに入れて
水を切ります

んで
ある程度
水を切ったこんにゃくを
油を引いてないフライパン
もしくは鍋で炒めていきます
強火でカマイマセン

こんにゃくはケッコウ
水分を含んでいますので
大量の水が出てきます

ある程度の水分は
残した状態で炒めていいのですが
多すぎるときは水を
捨ててください

しばらくすると
水分が出なくなり
こんにゃくが
「キュッキュッ」と鳴き始めます

そこでチョット火を落として
醤油を入れます
塩辛さはお好みなので
ワタシはいつも適当です

ま、ケッコウ大量に入れても
こんにゃくが吸ってくれるので
ドボドボと4,5回くらいは回し入れています

モットカモ・・・

出来れば味見をしながら調整してください
醤油が絡んだら
ごま油を入れます

コレもいつも適当で
大体1、2回くらい回し入れています


最後に
一味唐辛子を多めに振って
出来上がりです

まー
一度も食べたことない人は
こんにゃくだと
すぐにはわからないと思います

しかし
これは精進バージョンなので

下ごしらえ以降は
醤油に中華スープ入れたり
バターやラードで炒めたりすると
よりお肉に近い味になると思います

あ、
焼肉のたれ使うと
ホント肉みたいに
判らないかも・・・

安いし
ヘルシーなので
ちょっと手間はかかりますけど
オススメですよ!
[PR]
by kouhouji | 2006-10-28 11:38