以前の記事
2011年 12月
2011年 11月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月


2006年 10月 31日 ( 1 )

干ししいたけ

えー
先日の
晩餐会

って程でもないか

はい

えー
先日
ワタクシが
作った料理の中に

干ししいたけを
使った
料理を
一品
出しました

しいたけのしぐれ煮
ってやつ
デスガ

作り方を
説明しますと
・・・
まず

干ししいたけを水で戻して
放射状に6~8等分します

ま、
一口サイズね

んで
鍋に
みりんを入れて煮切ります

んで
濃口醤油
しいたけの戻し汁
ショウガの千切り
を入れます

んで
ごま油をたっぷり入れます

これだけいれて
大体深さ2mmくらい
ですね

ま、
しいたけに絡ませる
タレだと
思ってください

そこに
戻したしいたけを投入

んで
たっぷりの

すり白ゴマ
すり黒ゴマ

を入れて
絡ませて
一煮立ちしたら出来上がり

ケッコウ簡単
でしょ?

戻す時間省いたら
5分位で
デキチャウ

はい

えー

見た目は
とりレバーみたい
ですよ

うん

ケッコウ
これも
好評
でしたね

一番の好評は
ピリコン
でした
ケド

はい

えー

んで
デスネ

この
干ししいたけ
に関わる
昔話
がある
ノデスヨ

はい

つっても実話
ですが

えー

中国の宋の時代
日本から
一人の偉いお坊さんが
中国へ渡ってきました

その名を道元

今の禅宗の
曹洞宗を開かれた
開祖サマ
です

道元は
仏教
特に禅の真髄を
学ぶため
中国の老僧のもとを
訪れました

その老僧
年は70を超えていたのですが
台所の当番
をしておりました

道元は言いました

「あなたのような
位の高いお方が
何も台所当番をしなくても・・・」

すると老僧は

「異国の立派な客人よ
あなたは
修行や
求道や
文字が
何であるのかも
おわかりないのですなぁ・・」

とおっしゃいました
道元は何のことかワカリマセン

はい
・・・

んで

そして
次の日

老僧は
真夏の暑い最中
昼間っから
外で
干ししいたけを作るため
しいたけを
干しておられました

すると道元が

「そんな・・・
あなたがなさらなくても
誰か若い方にさせたら
せめて
日が陰ってからにしたらどうですか」

というと
老僧は

「他人にしてもらったことは
自分のしたことにならん
今やらずに
いつするのだ」

と切り返されて
道元は
目からうろこが落ちた
といわれています

ま、
簡単に説明すると

本来雑用という仕事はない

けど
自分の心が粗雑だから
押し付けられたと思うから
雑用になるんだ

なんでもないような
仕事も

あたりまえのような
日常の行動も

一つ一つが
大事な大事な
修行なんだ

気づいたってことですね

はい

えー
江戸時代の川柳に

「つまらぬと言うは小さな知恵袋」

というのがあります

つまらない

と言うのは

そう言ってる人の
知恵袋が

心の大きさが
小さい

からだよ

だから

心に入りきれず

つまらない

あー

つまらない

私の心は
そんな小さなことすら
詰まりません
入りきれません

と言ってる
ってことですね

気をつけなきゃ

胃袋は
大きすぎたら
病気ですが

知恵袋は
大きすぎても
困らないんじゃない
カナ?
[PR]
by kouhouji | 2006-10-31 11:56