以前の記事
2011年 12月
2011年 11月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月


2006年 11月 05日 ( 1 )

オソクナリマスタ

はい

ヨウヤク更新デス

スイマセン

ンナン


今日は
俳句
ナンゾヲ
一句
詠んで
みよーかなー
・・・

えー
・・・

「百なりや
 つるひとすじの
 こころから」

はい

どう?

えー

ね・・・

ま、
カルーク
盗作ですガ

はい
えー
これは江戸時代の俳人
加賀千代さん
の作品
デス

あ、知らない?

ふーん

そ・・

ま、
ユウメイジン
デスヨ

念のため

はい



んで
俳句について
チコット説明しますと
「百なり」ってのは

「百成り」
とカキマス


たくさん実がツイテイル
って状態を表している
ワケネ

ベツニ
千成りでもいいらしい

ダケドネ

ま、い、か

んで
「つる」は「蔓」


ひょうたんとかツタとかカズラとか
の「つる」ね

ツマリ
百個も千個も実がナル
幹の部分


蔓の部分けど

しっかりしてるってことサ

はい

ま、ソリャソヤナ

ヒョロヒョロ蔓なら
実を
何個も
支えられんしね

ソンダケ
根幹になる部分は
大事ですヨ
って
コトデスワナ

はい

えー

んでも

これには
チィと
教訓が
ありまして

はい

えー

ってーの

最初から
立派
なもん
だった

カトイウト

・・・
そうではない

でしょ?

デスヨネ・・・

最初は
ヒョロヒョロ
なのですよ

それが
時間がたつにつれ
一日一日

最初は
成っている実も
小さく
少ない
けれども

少しづつ
成長していく

それに伴って
蔓も
成長していく

そして
百や
千もの
実を支える
立派な
蔓になる


イウコト


はい



てーことは
人も一緒
ジャナイ?

最初から
大きくたくましいわけではない

根幹とナル
つうか
ナレル
頼りがいのある人物に
しても

自分自身
自分の中のキモチも

一朝一夕デ
そうなった
ワケではナイ



たくさんの経験や
周りからの
色んな言葉や
行動で

ひとつの根幹

出来てくる



経験や
言葉や
行動
という
一つ一つの
実が
成って

大きくなって
行くことで

それを支える
蔓も
大きく
たくましくなっていく

ッテコトデスネ

はい

えー
前も
話しましたが
仏教の言葉に

「煩悩 即 菩提」
ボンノウ ソク ボダイ
という
ノガアリマス

はい

ま、
仏教では
諸悪の根源とされる

煩悩

デスガ

これが

スグ

NOW!NOW!!

菩提だ

お悟り
だと

そう
いう言葉が
アリマス

はい

えー

煩悩

つまり

ナヤミ、クルシミがあって

判って

ハジメテ

菩提
えー

安心(仏教ではアンジンと読みます)
を得ることが出来る

ということです

ヨワクテ
逃げ出したかったり
ツマラナクテ
あきらめたかったり
しても

それはソレデイイジャン


でも
そのつらさ、くるしさ
それが
自分自身の
安心に
変わる

それがないと
変わらない

って
コト
デスネ

自分自身の
ヤナトコ
キライナトコ
ある人たくさんいると思います

それは
それで
大正解

それが
あなたを
成長させてくれる
宝物だ
っていうこと

デスネ

だから
いつまでも
大切な
宝物から
逃げてちゃ
モッタイナイ

あー
もったいない
[PR]
by kouhouji | 2006-11-05 22:23