以前の記事
2011年 12月
2011年 11月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月


2007年 09月 02日 ( 1 )

山田無文

c0094044_20494327.jpg


この
ジイサン

・・・
モトイ
和尚さんが

山田無文老師

元妙心寺派管長

c0094044_2050061.jpg


現代の傑僧のオヒトリ
ですなぁ

もう
お亡くなりになりましたが

ア・・・
ちなみに
この
マンガの絵は

臨済義玄禅師

c0094044_20502362.jpg



ツマリ
臨済宗を
開かれたカタ
ですわ

えぇ
中国のカタ

・・・ゴツイやろ?


ふたつとも
本の
表紙ヤレ
裏表紙の
オシャシンですが

この
無文老師の
オハナシというのは

ワタシにとって
教科書
みたいなもので

今から
7年前
仏門の入り口を
正式に叩いて

学校では
何一つ
仏教に関する
勉強をして来なかった
ワタシが

なんとか
本山布教師の
免状を
いただけたのも
この方の
本のオカゲ
といっても
過言ではナイっす

ハイ

亡くなられた
今でも
無文老師の著書は
新刊が発行
されるくらい

ワレワレ臨済宗の
僧にとっては
非常に為にナリマス

ハイ

一昨年には
京都にある古本屋に行って
無文老師の本を
7万円分も
買いまして

その翌年
合格したんですよね

ウン

・・・
なんか
こういうと
金の力
ミタイデスガ

ナンツウノカナ・・・

ワタシは
ずっと仏門だったわけじゃなく
サラリーマンも8年やってたわけで

基本的な考え方には
俗っぽい(?)
ものも多くを占めている訳で

デモ
そんな人間の
心にも
判りやすく

それでいて
専門的な勉強を
したあとからでも

その言葉が深く
心にしみてくる
という
・・・

ナントモ
不思議な
カンジなんですよね

ハイ

まぁ
オハナシというのは

お説教とかに限らず
ただ
本の丸写し、丸読みでは
聞いてる人には
届いてこないんですよね

ウン

ま、これは
無文老師の本に
限らずですが

仏教の
よい書物と言うのは

ウーン
・・・
・・・
うまくいえないけど
心の固まっている部分を
徐々に溶かして言ってくれてる
気がシマス

んで
それは
しばらくして又読むと
又溶けてくる

違うとこだったり
同じとこだったり

・・・
身体もそうですが
凝り固まってる部分って
調子が悪くなったり
動きが鈍くなったり
痛んできたり

イイコトではない原因
デスヨネ

心もオンナジと思います

エー

ツマリ
・・・
読書の秋!
ってことで

たまには
仏教書

読んでみるのも
イイデスヨ~

ってことで
明日は
食欲の秋シリーズ・・・
[PR]
by kouhouji | 2007-09-02 20:51