以前の記事
2011年 12月
2011年 11月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月


2008年 01月 20日 ( 1 )

一周忌inSAGA

今日は
サガシの
お寺で和尚さんの一周忌法要

小祥忌ショウショウキ

とイイマス

アイ

法要は11:00から

まぁ
アレデスナ

自坊の法要デナイ場合
キブンがラクですな~

ま、シカシ
一周忌法要
に限らず

年忌法要
とありますが

お寺によって違うそうですが

ウチは
1,3,7,13,17,25,33,50回忌

年忌供養してくださいねぇ~


年忌繰を
張り出し
檀家の方々にお知らせしてます

アイ

・・・あ
今年は正月のお便りに
案内を入れそこないマシタ
モウシワケナイ・・・
2月のに入れます

んで

ナゼニ
年忌供養をするのか?

よく聞かれます

ウン

まぁ
あれやな

すりゃぁ判る

これがイチバンの答えなのかもしれません

そもそも仏教に死者の供養なんて
ないわけですから
しなくても
イイジャナイ?

ウン

でも
大切な人が亡くなって
残された私たちは
どうしたらいいの?

ソウ考えた時
生きるという命題について
考えつくした仏教の教えを請う

というのは
自然な成り行きだったンジャナイカナ
・・
それに
生きると言う事を考えるのは
死ぬと言う現実を目の当たりにした時

特に家族や友達・・・愛する人大切な人
を亡くしたときにもっとも深く考えるンヤナイ

亡くなった日に
生について考える

だからいのちの日
命日
というし

普段の生活じゃ
そんなこと考えない
生きてる事は当たり前だし
・・・でもそうじゃない

だから
いのちについて
自分の生について
生きることについて

死と言う現実を
目の当たりにした日に
その生が
如何に有難いか

身近であるからこそ
深く思いを巡らせる

そして
世代を越えて伝えていく

そのきっかけとして
年忌に供養を施すことは
すごく
意味があって
大事で
それこそ
有難いものじゃないかな?

と思います

やらなくちゃ

じゃなくて

やりたくてしかたない
しなきゃいられない

って
思えるように
なってもらえたらなぁ
と思います

明日から
マタ
寒いみたい
・・・

風邪がだいぶ良くナリマシタ
・・・
・・・
ん?
まだひいてたンカイ!

・・・ソウデスケドナニカ
[PR]
by kouhouji | 2008-01-20 16:22