以前の記事
2011年 12月
2011年 11月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月


2008年 03月 18日 ( 1 )

なやみ

・・・が
ふと
出てきまして

ナントナク
相談へ
長泉寺へ伺ったのですが

ソッコウ解決しました

サスガ・・・

ありがたし

明日は托鉢へ
きていただきます

ありがたし

長泉寺サンは
法類
・・・お寺のシンセキ
ですし
実際
親戚
ですし

コンナ
心強いことはないですね

感謝デス

ありがたし

えー
今日は
50回忌の供養に
出かけました

享年20歳
だったんです
その方

私は
「50回忌というと
 良く50回忌まで出来たねと
 お祝いにするところがよくあります
 実際
 親の年忌供養とかを
 子供達が元気で執り行うことって
 なかなか出来ないですからね

 でも
 こんなに
 若くして亡くなると
 そのときの思いって
 忘れようにも
 忘れられないものですよね」

と話しました

するとその方の
妹さんが
こう話し出されました

「実は
 兄は
 成人式の次の日

 盲腸で入院手術したんです
 そしてそのまま・・・

 様子がおかしいと
 先生のところに
 行ったんですけど
 酔っ払ってて
 診察どころじゃなくて・・・

 お葬式の時
 母はここに出てきませんでした

 その時の
 母の顔が
 今でも鮮明に・・・

 もう忘れられないんですね・・・」


目を真っ赤にして
話して頂きました

私は
皆さんにお経のコピーを配って
一緒にお経を読んでいただきました 

「これが一番のご供養ですね
 お兄さんも喜んでらっしゃいますよ」

というと
笑顔でうなづいて
頂きました

御供養って
生きてお参りしている
私たちに
安心をいただけるものなんだナァ

って
改めて感じました

ありがたし
ありがたし
[PR]
by kouhouji | 2008-03-18 18:28