以前の記事
2011年 12月
2011年 11月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月


2008年 03月 24日 ( 1 )

悲しみは・・・

クスの
葉っぱが

面白いように
降り注ぐ
時期になりました

ブロア
使って掃除しても

1日3回
掃除しても

「和尚さん
 たまには
 庭掃除
 せんぎいかんよ~」

と言われるほどに

降り注いでます・・・

1ヶ月続きます

・・・タイヘンっす

でも
この時期は
カナリやる気が出ます

掃除に関してはネ

朝も
ハヨカラ
2時間

昼も
2時間

夕方も
1時間

掃除掃除・・・

更に
今日は
2ケ園分の
入園式の
案内を
来賓の方々に
お配りしてきまして

ナンヤカンヤ
テンヤワンヤ

・・・
そのほかにも
イロイロ

まぁ
出てきますね
問題ガ・・・

まぁ
しゃあない・・・

それと
今日午前中は
年忌供養
50回忌でした

25歳


亡くなられた方の
ご供養でした

ご兄弟は
60~70代の方ばかり
でしたが

こういう話をされました

「あのとき
 ラジオから
 陽気で楽しい
 音楽が流れてきたんです

 こんな
 悲しい時に
 なんで
 こんな曲が流れるんだろう

 ・・・それを思い出しました」

この話を聞いて
ご兄弟の方々は
涙を流されました

悲しみの思い出
というのは

たとえ
何十年
過ぎようとも
消える事はない
・・・
そのときの
思い出が
より強く
鮮明に
残るんだな・・・と思いました

でも
言葉はなくても
その涙に
悲しみだけじゃなく

言葉では表せない
たくさんのものを

そこに居る
参加してる
みんなに
色んなものを
与えてくれてる
んだなぁ・・・と感じました

和尚という
職業は

ホンマに恵まれてるンヤナァ


マタモヤ
教えてもらった
カンジです
[PR]
by kouhouji | 2008-03-24 21:22