以前の記事
2011年 12月
2011年 11月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月


<   2006年 12月 ( 21 )   > この月の画像一覧

サイゴの・・・千葉滋賀佐賀

はい
・・・

ジャナクテ

サイゴの
坐禅会
オワリマシタ

今年最後ネ

イヤー・・・
早いネェ~
一年たつのは

あと
今年も
15日デスヨ



来年早々に
お寺の
フライヤーでも
作ろうカナァ・・・

っと
オモッテマス

ハイ

うん
アノー
チラシね

お店とかに
無料で
置いてあるやつ

はい

来週あたり
ペット霊園のが
出来るので

知り合いのお店に
置いてもらおカナァ・・・



ヨロシケレバ
ご協力
御願いします

はい

うん

ナカナカネ
上出来ですよ

デザインは
依頼したけど
5000円
でやってくれたしね

オススメですよ
林印刷所
http://www.hayashiprint.com/

はい

えー

ま、ね

お寺のフライヤー
つっても

そっちの方は
お店には置かない
ケド

(欲しい所にはアゲマス)

えー
お通夜とか
お葬式とか
法事とかの

説明がしてあるモノ
を作る予定です

ま、式次第ミタイナノ
ですね

それに
それぞれの
イミを添付してね

簡単なお経とか
加えたりとか

うん

ワカラナイでしょ
法事とかお葬式とか
何のために
何をやっているのか

最初は
ワタシも
言われるがまま

ソウナンダ・・・

と思ってやってたけど

意味もわからず
ただ参加してるのって
つまらないだろうナァ
と思って

法事とかお通夜とかは
その都度
式の内容を
簡単にお話しますけど

お葬式とかそんな時間ないし
お通夜とか法事とか
話すべきこと
他にタクサンあるし

まぁ
そんなこんなで
来年早々
作りマス

どうなるか判らないし

最初から
完璧バージョン
はムリだろうケド

出来たら
写真UPシマスネ

はい

えー

今日は
自我と非我

はい
滋賀と佐賀
ん?
千葉滋賀佐賀??
http://www.waraiseek.jp/flash/f000/f-1098577583.php

byラーメンズ


オイトイテ・・・

自我と非我
デスネ

自我というと
ナンヤラ
聞こえが悪い
トイウカタも
イラッシャルカモシレマセン

うん

我を張るとか
ワガママとかね

マ、確かに
仏教的には
アマリ
いい言葉としては
使いません

しかし
今の日本

自我なしでは
アリエナイ・・・

ダッテ
自我があって
今の近代社会があるわけだから
自我を
否定スルコトはできない

自我と言うのは

自由と権利の主張
と言われてイマス

はい

えー

自由を放棄しない
権利を放棄しない

自由とは
自らに由る(よる)

とカキマスから

自由とは責任がある
とイウコトですよね

うん

責任があるからこそ
自由を使えるし

自由競争が成立し

ソレによって
権利を手中にすることが出来る

はい
・・・

えー
ナンヤラ
ムズカシイ
ハナシやな・・・と

お思いトオモイマスが

自由競争によって
産業・科学の発展があるし
権利の主張によって
安全な生活が保証されている

ということデスヨネ

うん
ソリャソウダ・・・

でも
仏教は
この自我を
「欲」
とミマス

ナゼカ・・・

産業・科学の発展
安全な生活の保証
というのは

便利さ・豊かさ

に他ならない
と言っているワケです

イイジャン・・・

と思いません?

はい
ワタシはいいと思う

デモ
ソレくらい
私達は
欲のセカイに浸かっている
とイウコトデス

んなら
何か問題でも??

ソコニハ
大有りナノデス

その
便利さ豊かさの中には
「思いやり」
が入ってないから
です

イヤ・・・
思いやりくらい
ありますよ


そう!
そうなんです

それが
「非我」なワケ

でも
欲にタップリ浸かった
現代

便利さ豊かさが
幸せであると
感じている
現代

「非我」であることは
便利でも豊かでもない
ですよ

ソウデショ?

つまり
「非我」であることは
幸せとは結びつかないから
後回しでイイジャン

思ってしまう
傾向にナイカナ

と思うワケデス

要するに
「思いやり」
はアトマワシと
・・・

はい

まーねー・・・
こうやって
パソコンで
日記打てるのも
自我の賜物
デスシ・・・

ダケド
自我の恩恵を認めながらも
非我の重要性

「思いやり」の大切さ

大事にしてほしいナァ
とオモイマス



by ヒョギフ大統領
[PR]
by kouhouji | 2006-12-15 18:16

花見て

昨日は
昼から

和尚さんガタとの

ソフトボール&懇親会
の予定が

雨でボーリング大会
となり

ウチから
車で1分くらい

ん?
3分かな

ソレくらい近いところの
ボーリング場だったので

ま、
ボーリング終わってから
更新デモしようカナ

と思って

いタノデスガ
・・・

時間もナンもアリャシネェ

あ!

っと言う間に
懇親会開始
ダッタノデ

帰ってきたら
酔っ払って

即寝

日記も更新できず

ナンダカネェ・・・

はい

マ、イーカ


はい

えー

今日は
「花を見て笑え」

山田無文老師
が仰ってるハナシ
について
チコット・・・

花って
誰のために咲いてるのか
考えたことアリマス?

蝶?鳥?虫?花?

マア、ソレゾレに
役目を果たす
トコロはアリマスネ

うん

デモ
花の美しさ
って

人間にはわかる
けど
虫や動物には

ワカラナイよね

タブン・・・

はい

ツマリ
花の美しさを
知っているのは・・・

人間だけ
なんですよね

うん

人間には欲がアリマス

食欲、色欲、財欲、名誉欲、睡眠欲etc.

デモサ
その美しさを感じるのって
それ以外
のトコロにある
気がシマセンカ?

欲とは離れたトコロにある心

悲しんでいる人を
どうにかしてあげたいと
感じる心とか

自分がやったことで
人が喜んでくれることが
素直にうれしいとか

そういった心を

仏心

と言うのです
・・・と仰っています

確かに

美しさを感じたところで

お金儲けは出来ない
デートの代わりにもならない
満腹にもならない

デモサ
たとえ
お金があって
デートが出来て
満腹にしてくれる
人がいた

トシテモ
人のことを考える余裕のない
人って
付き合っててシンドイって
思いませんか

ハイ

ワタシはシンドイと感じマスネ

うん

花をみて笑う心って

ありのままが
ありのままでも
受け入れられる心かな
とオモイマス

受け入れられたら

なあんだ・・・

ミンナ揃ってんジャン
スゲー

恵まれてんジャン
スゲー

なんか
微笑みたくなるツウカ
笑っちゃうヨネ

フフフ・・・

みたいな

それを
一番最初に
やった
二人が
お釈迦様とその一番弟子(摩訶迦葉)
ナンデスワなぁ

お釈迦様が

もうスゴイ大事なお説法シマッス
って言って
みんなを集めて

さあ始まりました
どんなハナシヤロカ?
興味津々・・・

すると
お釈迦様
お花をピン

ミンナに見せた

んで
ナンニモ話さない・・・

ミンナあっけにとられてる

そんな時
摩訶迦葉が
にっこり微笑んだ

ソレを見たお釈迦様が
「仏法の大事なところを摩訶迦葉に伝授する」
と仰ったンデス

ま、
そこから
ナンニモ言わずに
心を伝えることを

「以心伝心」

と言うようになったんだけど


うん

はい

まーね
ナカナカ

花見てにっこり

とイキナリは
ならないかもしれません

ま、デモネ
・・・

野に咲く花に
ちょっと見入ってみる

という
時間をとる
ってーのも
大事な時代なのかも
シレマセンネ

意外と
にっこり
ナッチャウかも
[PR]
by kouhouji | 2006-12-14 18:00

ものさし

えー

ホームページを
一月ぶりに
更新しました

モウ・・・

遅いっ!

ハイ
スミマセン・・・

ガンバリマス

はい

うん

えー

アノ・・・
はい

早速ですが
今日のオハナシ
デス

えー

自分のものさし
って
誰でも持ってますよね

うん

えー
自分なりの
基準ツウカ
論理ツウカ

はい

多すぎる人は
ジコチュウ
って言われるし

足りない人は
ユウジュウフダン
って言われる

デスヨネ

うん

えー
最近
巷で
・・・
モトイ
・・・
近辺で
流行っております

種抜き干し梅
ボトルタイプ!

ネェ・・・

あ、知らない?



アノデスネ・・・
タブン

いっぺん漬け込んで
種を抜いた梅(中国産)を
乾燥させて
チョット表面を
甘く味付けした
ンダロウト思いますが

ま、

干した梅
デスヨ

チョット甘めのネ

はい

それが
最近良くコンビニとかにおいてある
ボトルタイプのガム
アルデショ?

そんな感じの
ボトルに
入ってるんですヨ

うん

これが
ソモソモ
甘いんだけど

通常版

甘い版

アルンデス



どっちもね

ナンテイウノ

口淋しいとき
なんかにね

ガムかむより
ナンカ
体によさそう
なので

チョコチョコ
つまんでいるんですが

これがまた
つい


ホラ
食べちゃう

うん



ん?

ま、そりゃ
イインダケド

この干し梅の
味でねぇ

プチ論争が
起きてる
ワケデスヨ
コレ

はい

えー

元々梅が大好きなカタに言わせると

「コンナの梅ぢゃナイ!!」
って言うし

元々梅が大好きなもうヒトカタは

「えーこれケッコウ美味しくない?」
って言うし

元々梅が食べれないカタが食べるようになったり

イヤ・・・ムリ・・・

とかね

うん
・・・

ねぇ
・・・

平和デスナァ・・・
・・・


ま、ソリャオイトイテ

こういった
好み
ってーのはサ

人に無理強いしなきゃ

それはそれで
イイデスヨネ

うん

ま、干し梅くらい
だったらネ
井戸端会議でオワリ
ですけど



人ってーのはサ
つい
無理強いシチャウんですよね

うん
そんなつもりは無くてもネ

勉強はしなきゃイケナイとか
学校は行かなきゃイケナイとか
仕事は休んじゃイケナイとか



ソリャ
勉強はしなきゃダメだし
学校は行かなきゃダメだし
仕事は休んじゃダメ
ですよ

ソリャア


デモ
ダカラといって

大変なのは・・・
本人自身ダケ
ですよね

うん

「ダカラ言うんでしょう」
とオッシャル人がイマス

はい
確かに

人間とは弱いもの
デスカラ
引っ張ってあげたり
お尻叩かれないと
ワカラナイ
ナマケチャウ
ってのもアリマスしね

でも
ソレハある意味
恵まれ過ぎてないカナ

考えたこと
アリマセンか?

自分自身が大変だ

認識して
ハジメテ
人間の強さって
出て来るんじゃない?


思ったりもシマス

うん

ま、言ってしまえば
両方バランスよく
ナンデスけど

そんなの
アタリマエだ

と思った時点で

偏ってる

・・・
ってーの
思っていても
イイカモシレマセンね

はい


そう
ソウイウ

自分の
ものさし

デスガ

面白いものさしを
見つけました

これは
ayukoさん
って方の
ブログから
引用させていただいた
モノです

ayukoさん
アリガトウデス

--------------------

「ものさし」

どちらが正しいか正しくないか
どちらが善いか悪いか
どちらが優れているか劣っているか

そんなまっすぐなものさしでは
世界をはかることはできません

空のひろさ
空の大きさ
空の深さをはかるには

人の美しさ
人のいとしさ
人の尊さをはかるには

まあるい愛のものさしが必要です

--------------------

モウ


目からウロコデシタ
これ

まあるいものさし
デスヨ

分度器ヂャナイよ

球状デスヨ



直線のものさしを
お互いが持ち寄った
トシマショウ

そしたら
どっちが長いか短いか
計れますよね

すぐ優劣がワカッチャウ

しかも
机の上のような
一平面上じゃないと
一点でしか交わらないから
摩擦とかストレス
が生じる

お互いがお互いを傷つけてしまうこともアル

だから
他人とはナカナカものさしを突き合わそうとしない
・・・引きこもる



んでも
球状なら

玉なら

長さを測るのに
どっちが長いかなんてワカラナイ

つうか
測れないヨネ

ピンポンだま1個使って
画用紙の長さ計りナサイ

トカ
困難極まりないデショ

それに

玉って
お互いが
常に一点でしか交わらない
ヨネ

けれども
その
一点が常に移動できる

だから
摩擦が最も少ない
ンデスヨ
コレ



うん

このことが
つまり
心のまるさ


ワケですよね~

あー
ねー

うんうん

ん?

ダカラ
パチンコする人が
多いのかな??
[PR]
by kouhouji | 2006-12-12 17:06

復活っス



トイウホドデモ
ありませんが・・・

昨日は
タップリ
お仕事させて
イタダキマシテ

ハイ

えー

昨日
最後の
法要は

初七日デシタ

うん

ソコデ
喪主をされた

亡くなられた方の
お兄さんが
コウイワレタンデス

「もうね
先祖は大事にしなくちゃ
いけませんよ

先祖をないがしろにして
栄えたためしなんかアリマセン

うちもね
不思議と
仕事が入ってくるんですよ

今回のお葬式とか
大変忙しかったのですが

有難いことです」

ソレハソレハ・・・
いや
何よりデゴザイマス



ウン・・・

えー

タシカニネ
そうですよ

うん
タブンね

ないがしろにするところは
アンマリ
こう
・・・
ナンテイウノ・・・

うまくイッテナイ
というか
大繁盛スルッ
ってーのは聞きませんね

うん

はい

ま、デモね

コウイウフウニ
言われちゃうと
ご先祖様が
怒ってるみたい
つうか
罰を与えてる
ようなカンジ
デスヨネ

ま、ワタシも
死んだことがないので
詳しくは
ワカリマセンが

怒ったりとかは
シナイヤロ・・・

いくらなんでも

自分の子孫デスヨ

絶えさせてシマエ~
って
仏様
のスルコトじゃないヨネ

はい

うん

でも
コノカタのおっしゃていることは

遠からずデスヨネ

先祖をないがしろニスルッテコトハ
自分のデドコロをないがしろにするってこと

つまり
自分の存在を大事にしてない
ッテコトダト思います

うーん・・・

っつてもねぇ

「そりゃぁご先祖様は大事にシテマスヨ
心の中では・・・」

ってかたが
けっこう多い

具体的には
・・・
何もやってない
ってことネ

でもねぇ
仕方ないカナァ
とオモイマス

このことを
仰った男性の方

もう70歳超えてらっしゃいますが
具体的にどうすればいいか
ワカリマセンから
教えてください


オッシャッタンデス

これが
今の日本の宗教
特に
仏教の現状です

何かしら
きっかけがないと
覚えようとしない

イロイロ言うけれども
他人事
ナンデスヨ

喪主でもしない限り

はい

これは
ホント
一番の責任は
お寺ですネ

お寺が接するキッカケが
お葬式しか
ないわけ
だから
自然と
ソウナル
ヤロ
ソリャ
ソーダ

ハイ
スイマセン

モウシワケナイ

でもね
だからこそ

ミナサンニ
よさを
知ってほしいわけ

お釈迦様の

そして
仏教の

うん

はい

この前ね

ある男のカタが
このようなことを
話されてた

「最近の子供は
靴も揃えてあがらないし
食べる前にイタダキマスも言わない
でも
小さい頃に
お寺の幼稚園に
行った子は
靴も揃えるし
仏壇には手を合わせる

他にはアンマリ変わらないけど
それだけできれば
親や友達を殺すような子には
ならないでしょうね」

あー
ねー

うんうん

「足元をみよ(看脚下カンキャッカ)」
「合掌」

デスネ

曹洞宗の開祖
道元禅師はこういわれました

「朝起きて
顔を洗って
食事して
大小便して
ぐっすり眠る
コレができることが
神通力だ」



ハイ

ナニも特別なことじゃない
デモ
普通にすること
伝えることが
難しい
デスヨネ

あ、
はきもの
揃ってますか?
[PR]
by kouhouji | 2006-12-11 21:20

ハンドル

アッチャァ・・・

マタも
書き損なっトル

しかも
todayは
オトマリなので・・・

お寺行事
3連荘

先日のお葬式のカタの
初七日も
日曜デスシね~

えー

ナントナクそわそわ
してしまう
今日この頃

ミナサンは
イカガお過ごしでしょうか?

はい

うーん

ソイエバ
昨日のお葬式には
前佐賀県知事
が来てて

弔辞を
お読みにナッテタ

なんか
30年来のお付き合い
らしく

肩を震わせ
涙ながらに
読み上げてラッシャイマシタ

他に
2人の方も
男性の方でしたが

声を押し殺すように

「ここで
泣いてしまうと
また
○○さんから

『まーた男んクセになんしよっか』

と怒られてしまいますので
心から感謝の言葉を申し上げます」


お話なさったのを
目の当たりにして

こんなにも
周りのカタガタに慕われていらっしゃったんだな
と再認識シマシタし

自分自身改めて大事なことを
学ばせて頂いたナァ・・・
と思いました

はい

うん

えー

てところで
今日は
孔子のオハナシ

論語によると

あるお弟子さんが
孔子センセイのもとへきて
こういうことを尋ねた

「センセイ・・・
国を治めるために
一番大切なものは
ナンデスか?」



孔子センセイは
「兵と食と信
兵力と食料と信頼だ
この3つがなければ
国は治まらん」

とお答えにナリマシタ

ホウホウ・・・と
ソレガ揃えば
完璧やろぉ・・と

ソシタラ
その
お弟子サン

「経済上
やむを得ず
1つ
捨てなくてはならない
トシタトキ
どれを捨てますか?」

と突っ込んでミマシタ

ソシタラ
孔子センセイ
「兵を除く」
とお答えにナリマシタ

まー
現代の世界情勢なら
マダシモ

時は春秋戦国時代

中国は隣国と接していますし
軍備を捨てる
トイウコトは
よほどじゃないと

不安だったとオモイマス

しかし
国民が
生活出来るだけの
食料を確保し

政府が国民からも
外国からも
信頼されていれば

タトエ軍備がなくても
やっていける


お答えにナリマシタ

ウン・・・
金サンにキカセテアゲタイね

はい

んで

ナルホドォ・・・と

ソシタラ
ソノお弟子サン
マタ粘って

「アトに残った
食と信
この2つ
どちらかを捨てなければならなく
なった場合
どちらを捨てますか?」

と聞くと
「食を去く
食料を捨てる」

とお答えにナリマシタ

ソシテ続けて
「貧(とぼ)しきを患(うれ)えずして
均(ひと)しからざるを患う」

食料は乏しくっても
政府が国民から信頼されていれば
乏しきを分け合ってでも
やっていける

しかし政府が国民からの
信頼を失い
国民同士に信義というものが
なかったら
国家は成り立たない

結局
「信」
というものが
政治における
最大の要だ

とオッシャッタンデス



今の政治を
見てみると

食料という部分を
経済として考えてみれば

・・・ま、お金だね

少しでも多くのお金を
どうにかして手元に置きたい

他人が儲かるのはユルセナイ

給料が少ないのは
お金が少ないのは

不幸なんだ

ろくなご飯も
食べられない

ミタイナ

そういう
世の中ツウカ
世論ツウカ

なってマセンカネ

しかし
孔子は
人間にとって
モットも必要なものは

食より信だ
信がなかったら
人生も社会も
成り立たない

と示されてイマス

「大車輗(げい)なく小車軷(けつ)なくんば
それ何を以ってか之を行(ゆ)らんや」

人間に
信と言うものが
なかったら

それはちょうど
車にハンドルがないようなものだ


どんなに車体が立派でも
ハンドルがなかったら
動きもしません




ドウッスカ?

現代の
知識人と
成功者と
呼ばれる方々

すばらしい方も
タクサンいらっしゃいます



知識という
お金という

車体が
立派ダケレドモ

肝腎な
ハンドルが
ついてない
カタも
少なくないんじゃない?

また
ソレを
信奉してるカタも
少なくないんじゃない?

うん



知識も必要ですヨ
ソリャ

お金も然り・・・

でも
大事な部分を
ないがしろにすると

ほら
車体が大きいから

巻き添えンナル人
多くナッチャウ

巻き添えンナッチャウ人達にも
家族・友人・同僚が居るから

その
責任って
大きいよね

大きくは行政だけど
会社であろうと
学校であろうと
家庭であろうと

「この車ハンドルついとるんかね?」

タダ走ってるダケジャ
道から転げ落ちちゃうかも
シレマセンヨ

まずは
自分自身の
ハンドル

確かめなきゃデスネ
[PR]
by kouhouji | 2006-12-09 10:42

お通夜ッス

おお
コメントしておらん
デハナイカ・・・

申し訳アリマセン

チョイ
時間がナイ
・・・

ウーン

えー

今日は
今から
御通夜です

はい

ンデ
いつも
通夜説法シテオリマス

あ、アタリマエか・・・

お通夜って
説法の中でも
一番
緊張スルンヨネ・・・

ンデ

下書きして

覚えて

話し言葉に代えて

んで

本番
っと・・・

ねぇ
意外と
小心者
ナノデ

イロイロと
苦労シテルンッスよ

はい


その
今日の
通夜説法の
下書き原稿

ナンゾ
貼り付けてみました

(イイのかな)

(ダイジョウブやろ)

はい

ってことで

宜しければ
ゴランクダサイ

--------------------

本日は
○○さんの
お通夜に
ご参列頂き
ありがとうございます

○○さんは
62歳と言う
若さで
この世をアトにされました

御存知の方も
多いと思いますが
○○さんは
卓球の国体選手でした

高校のときに
県で優勝し
何度も
全国大会へ出場する
活躍をされたそうです

選手を引退されたあとは
県の体育協会で
後輩の指導に
当たられたと
言う事です

先日
ご自宅へ
枕経にお伺いしたとき
○○さんはどんな方でしたか
・・・とお尋ねしたところ

今のようなことを
お話になったあと
ご友人の方が

「いや、
○○のことで
言うて欲しかとは(言ってほしいのは)
『○○節』よ」

とおっしゃいました

とにかく厳しい!
曲がったことが大嫌い

看護婦さんにも
よく怒っていたそうです

記憶力も
抜群だったそうで
間違ったりなんかすると

「その瓶じゃナカ(ない)
その蓋のついたほうさ」

と怒り出して
叱りつけていたそうです

その分
看護婦さんの
好き嫌いも
はっきりしていたそうで

怒られる方は
いつも決まっていたそうです

それにお酒が大好き
日本酒1升くらいは
簡単に開けていたそうですが

酔っ払って
グダグダになる
ことなどなかったそうです

それに
生涯独身を通された
○○さん

男のひとの
タイプと聞かれて

「頭はいらん(いらない)
、顔だけでよか(いい)」

とおっしゃっていたらしく

その白黒
はっきりしたコメントをされると

「ほーら
また○○節炸裂たい」

と言われていたそうです

もし、男なら

「豪傑タイプ」ですね

でもそんな○○さんですが

がんセンターに
入院されているときは

リハビリ室で率先して
他の患者のリハビリを
手伝っていたので

リハビリの先生

と呼ばれていたそうです

怒った看護婦さんには
アトでこっそり
「ごめんね」
と謝っていたそうです

それに
弱音をはかないというか
頑固と言うか

「痛かろ」
と聞かれて
「痛い」といったことは
一度もないそうです

そのくせ
ベッドの手すりに
体が少し触れただけで

「あいたっ」

とつい言ってしまうくらい
体は病に冒されていたのです。

そんな様子を
すじほども見せようとせず

人のために役に立ちたい
何か自分が
出来ることはないか・・・と

人を思い
自らを見つめ
常に前向きに
生きていこうとした
○○さんには
頭の下がる思いです

明日
12月8日は
○○さんのご葬儀ですが

仏教徒には
記念すべき区切りの日です

実は
お釈迦様が
お悟りを開かれた

成道会

と呼ばれる日です。


お釈迦様は
お悟りを開くため

一日から八日まで
眠ることなく
菩提樹の下で
座禅を組み

八日の
明けの明星

を見て
お悟りを開かれたと言います

それに習って
この八日間
全国の修業道場では

「雲水殺しの臘八大接心」

と呼ばれ

不眠不休
横になって寝ることなく
座禅をしています

その
お釈迦様が亡くなられる直前
お弟子さんに残された言葉は

「自らをともし火とせよ」

という言葉でした。


自分自身が光りとなり
まわりを照らしてあげなさい

火が消えている人には
その火を灯してあげなさい

そうすれば

自分が進むべき道も
その光りで
自ずから見えてくるでしょう



○○さんは
62歳と言う
決して長くはない
人生でした

しかし
自らがともし火となり
人を照らし
人を導き

その火を
多くの方に灯してくれた
のではないかと思います


今日はお通夜です

通夜とは
お釈迦様が亡くなられた夜に
弟子の方々が
一晩中
お釈迦様の教えについて
語り合ったことから始まった
と言われています


今日の夜は
○○さんが
私たちに残してくれた
思いを
語り合っていただきたいと
思います
---------------------

テコトデ

ソロソロ
準備シマス
[PR]
by kouhouji | 2006-12-07 17:42

月繋がりで

今日はね・・・

お昼から坐禅会

あ、
ホームページ更新してない!!

あ、ハヨセナ・・・

ってことで
昨日の日記

タクサンのコメント
アリガトウゴザイマス

書き足りないトコが
山のヨウニ
あるのですが

時間がない(・・・トイウ イイワケ)
ので

ツウカ
気分的にね

明日お昼は県庁へ用事があって
夜は御通夜・・・
お通夜のお話って
ケッコウ考えるンデスヨ

亡くなられた方の思い
家族の思い
伝えなくちゃイケナイカラネ・・・

んで
明後日は法事があって
終わったらスグお葬式に行って

夜は武雄でマジメな話合い
(飲み会じゃないよ)

土日は
他のお寺の行事が3件・・・

ナンカネ・・・
予定は未定つうか

今週の頭までは
今週のスケジュール
その3件と法事の2件
と坐禅会だけ
ダッタノニ・・・

はい

んなもんで
心的余裕が出てきたら
マタ書きましょう

んで
今のうちに
書いときます
今日の日記

昨日の日記と関連して
お月様繋がりで
「おもち」

月でウサギが何をしているか?
といえば
餅つき
ですよね

うん

なんで
餅つきなのか?

これも
布教師さんから
聞いたお話

お餅ってのは
もち米から作られる
ヨネ

他のお米もソウだけど

お米が出来るまで

想像してみてください

んで

そのもち米に
自分がなったつもりで
考えてみてください

・・・

まず
泥の中に埋められる


ンデ
毎日水をかけられる

ンデ
苗になったら

身を引きちぎられて
マタモヤ泥に沈められる

雨風にさらされ
夏の容赦ない光を浴びて
虫に食われ
薬をかけられ

ヨウヤク実をコウベにつける

すると
そのコウベをむしりとられる

一つ残らず

そして
その実は

皮を剥がれ
身を削られ
釜に入れられ
火を着けられて・・・

なんか
以前書いた
地獄の様子に
似てない?

さらに
もち米は
その身をつぶされ
こねられ
のばされ
丸められ

マタ
更に
焼かれたり
汁に沈められたり


まぁ

そんな
誰も経験しないような
地獄の日々を過ごして

ワレワレの口の中に
入ってくる
ンデスよね~

だから
そんな
地獄の修行を全うし
最後は
自らをささげて
食べ物とナル
おもちも
月にその姿を
残そう

ということで
餅つき
となった
ラシイです



植物は
水を与えて
光を浴びさせ
実を剥いで

というのが
アタリマエの感覚ダケド

ひょっとしたら
上に書いたような
感情なのかもしれない

ま、わからないけど

どっちにしろ
いえることは

感謝せずには
居られない
ってことだろうね

はい

今から
坐禅会準備~
[PR]
by kouhouji | 2006-12-06 12:14

ヤサシサライセンス

えー

これも
布教師さんの
お話
のパクリ(一部)

はい

えー
昔々
神様がイマシタ

ナマエを
帝釈天

ウン
寅さんノネ

はい

その
帝釈天様が
地上の動物を見て

「さて
この地上の動物で
一番
心の素晴らしい
動物は
誰だろう?」

トイウコトで

帝釈天サマは

年老いて
ガリガリに痩せた姿で
動物たちの前に
現れました

うん

そこに居た動物は
クマとサルとウサギ

ソコデ
老人に化けた帝釈天様は
「く、苦しい・・・
もうだめかもシレン・・・
3日間何も食べてない
誰か・・・食べ物を・・・(バタッ)」

・・・迫真のエンギ?

はい

そこで
3匹は

こりゃぁ大変だ!

ってことで
体を冷やしてはいけない
と火をおこして
焚き火をし
(・・・ま、まオハナシですから)

大急ぎで森の中へ
食料を探すため
消えていきました

・・・

しばらくシテ
一番早く帰ってきたのは
クマ

「おじいさん・・・
これを食べて元気を出してください」

持ってきたのはシャケ

脂がのって
筋子も入って
超ウマソウ~
サイコウのご馳走を
用意したわけです

んで
次に戻ってきたのは
サル
「おじいさん・・・
弱った体でも食べやすい
果物を
沢山採ってきました」


なしやりんごや
ぶどうやももや

(・・・季節とか地域とか指摘シナイヨウニ・・・)

あらゆる果物を
食べやすい大きさに分けて
持ってきました

そして
しばらくしたら

うさぎが
戻ってくる

のか
と思って
イマシタガ

なかなか戻ってきません

数時間が経過して
ようやく
うさぎは
戻ってきました


手には何も持っていません

「すいません
おじいさん・・・
ワタシは何も
持って来れませんでした
スイマセン・・・」

と謝りました

おじいさんは
「いいんだよ・・・
そのキモチだけで十分おなか一杯ですよ」

そして
おじいさんに化けた
帝釈天は
「アリガトウ・・・ホントニアリガトウ・・・」


持って来てくれた食べ物を
ほおばりました

それをみていた
うさぎは
いたたまれなくなり

「アノ・・また行ってきます・・・」

とまた森の中へ
入っていきました

そして
数時間後

うさぎは
マタモヤ
手ぶらで帰ってきました

「スイマセン
何度やっても・・・
何にも捕まえることが出来ません」

と・・・

すると
待ちくたびれたクマとサルが

「マタ何も捕まえられなかったの?
時間ばっかりかかって

もし
俺たちが居なかったら
おじいさん死んでしまっていたかも
しれないんだぞ」


その会話を聞いた
帝釈天様は

「せっかくミンナがワタシのために
施しをしようとしてくれたのに
・・・
うん、ミンナの気持ちはよくわかった」


思い

元の姿を現そう

思った時

うさぎがこのように言いました

「ワタシは何も食べ物がゴザイマセンので

この

ワタシを

お召し上がり下さい」

・・・
と言うやいなや

焚き火の中に
飛び込みました

帝釈天は
慌ててもとの姿に戻って
うさぎを
助け出しました

しかし・・・
ときすでに遅し

うさぎは死んでしまいました

クマとサルは
アマリの出来事に
呆然としてイマシタ

帝釈天は
涙を浮かべながら

「スマナイコトヲシタ・・・ユルシテクレ・・・」


そして
「お前の心の優しさを
いつまでも忘れぬよう
あの月にその姿を
留めておこう・・・」

といって
うさぎの姿を
月に映してあげたのです

はい



とまぁ

コレガ
心優しき
うさぎが
月に住むようになった
言い伝えの一つです


ナンカサ
いまの
イジメ問題
ミタイじゃない?

虐めているほうは
そんな気なし
センセイは見てみぬふり



悪意があったわけじゃない
いじめようと思ってたわけじゃない

でも
みんなとチョット違うところを
追求してしまう
集団心理というのは

恐ろしくないデスカ?

帝釈天が少し早く気づいていれば
・・・と
アトから思うのはカンタンですが

だからこそ
相手のことをおもんばかる
ってのは

日常的に
大事デスヨ



それに

自分自身をみつめる
ってのも
怠っちゃイケナイんだね

・・・
ヤサシサライセンス持っとかな
あかんねやな

by ダウンタウンガキ使い
[PR]
by kouhouji | 2006-12-05 11:29

成道会終了

ってね
書き込んでたら
アマリにも眠くて・・・

昨日断念した
日記です

ウーン
修行が足りん・・・

----------------

アイヤー

オワタアルヨー

アイヤー

・・・

ナンテさ
中国人言わないって
・・・
ま、
ニュアンスは
遠くナイケドね

はい

ま、そんなわけで
終わりましたよ
成道会

ハイ

まー
っつても
参詣者
150人くらい
ですけどね~

ウン


人数に関係なく

法要3回と
塔婆供養を
500本と

一人でヤル
てぇのが
大変

ツウカ
バタバタでしたヨ

ハイ

ま、ソンナコンナデ


全国の雲水さんは
座禅中ですよ

ねー

うん

ま、
今しかナイカラね
シッカリ
ミッチリ
頑張って

あ、
この日記
ミレナイか

はい

えー
キモチヲ届けてみました
はい

ってことで
今日は

セッカクなので
本山布教師のカタ
がお話された
一部を

紹介シヨカナ・・・

はい

最近は
色んな
バスツアーがアリマスね

うん


以前よく流行っていたツアーに

「ぽっくりツアー」

なる
バスツアーがあったらしい

はい

これは
神社やお寺を
お巡りするツアーらしく

その神社やお寺に
お参りすると
病気で苦しんだり
痴呆で迷惑かけたり
することなく

「ポックリ」逝ける

ってことで
企画されたモノらしい

うん


その当時は
大人気!!
ジイサンバアサンにね

そらー
ねー

長ーい期間サ
苦しんで死にたくは無かろう
誰も



家族にも
迷惑かけたくナイシね

うん

んなもんだから
大人気

でもね

そのツアーで
ある事件が起きたンデス

はい
ナンだと思います


・・・
実はネ

ホントに「ポックリ」
逝っちゃったンデス

しかも
バスの中で

お爺さんが
「ウーーン・・・」って

ソシタラネ
旅行会社は
エライコッチャ・・・と
大騒動!!

でも
死因は心不全

その後家族の方も

「手をかけないで逝きたいモンじゃ
と言ってましたから
旅行会社さん・・・
そちらの責任は
ナンニモありませんよ
・・・
ま、企画どおり
ポックリ逝ってしまったので
良かったのかもしれません

実名を伏せていただければ
宣伝にでもお使いくださいネ」


暖かいコトバをかけて
下さった

旅行会社のカタガタは
何度もお礼を述べて

おじいさんのご供養にでもなれば

そのことを
広告に
載せたそうです

そしたら
・・・
大反響の大盛況!!



なるのかと
思いきや・・・

パッタリ
人が来なくなったんですヨ

ん?

は?

セッカク
ご利益も証明出来たのに・・・


ねぇ

まぁ


「ぽっくりツアー」に行く人でも
実際

「ぽっくり」逝ってヨシ

って
言われたら
ソンナ
・・・
逝きたいわけないヨ



心も体も
健康な人は

そのことを
オイトイテ

病気にはなりたくない
苦しんで死にたくない


自分の都合ばかり
考えてる


イヤ
デモネ

ワタシだって
病気にも
苦しんで死ぬことも

出来れば
体験したくない
ッス


でも
どんなに気をつけても
どんなに望んでも

病気にかかることもある
苦しむこともある

望んでない結果が
起きることもある

じゃあ
ドウスルノ??



えー

江戸時代の
禅宗のお坊さんに

良寛さん

というかカタ
がイラッシャッタ

そのカタのご友人が
あるとき
大地震に遭遇し

家はペシャンコに潰れてしまい
家族はその下敷きになって
亡くなってしまいました

お葬式をしようにも
田畑はボロボロで
しばらくは収入のめども
立ちません

地震という天災ですから
誰にも責め様がなく
途方にくれて

もう
死んでしまおうか

オモッテタ・・・

そんな時
そのカタの元へ
一通の手紙が
きました

差出人は
良寛さんでした

その手紙には
短い文章が
こう
書かれていました

良寛和尚いわく

『災難に遭う時節には
災難に遭うがよく候
死ぬ時節には
死ぬがよく候
是はこれ
災難をのがるる妙法にて候』

(厄災から逃れるためには

たとえば
災難に遭ったなら
災難に遭うこと
死ぬときは死ぬこと

これが
厄災を逃れるための
仏の智慧である)



えぇぇぇ!!!!

チョットォ
ヒドクネ????


友人は思いました
(イヤ・・・コトバは違うとオモウケド)

ん?

待てよ? と

アブナイアブナイ と

オレは
死ぬトコだった

この苦しみから逃れるには
死ぬしかない
ソウ考えていた

今は「死ぬ時節」ナノカ?
イヤ
チガウ・・・

ナンデ
オレが生き残ったのか?

無念かも知れず
死んでいった家族は

セッカク生き残った
俺が死んだら
どう思うだろう?

誰が菩提を弔ってあげるのか?

語りようもない位
悲惨な現実・・・
ケレドモ

そこから逃げたところで
この現実が
消えてなくなるわけじゃない

ナラバ
認めようじゃないか
災難に

いや
どこまでも追っかけてくる
災難に
遭おうじゃないか
正面から

ソシテ
取り込もうじゃないか
なりきろうじゃないか
災難を

・・・

気づかれたソウデス

ハイ



えー

ナカナカネ
実際遭った事がナイト
・・・ホントカヨ・・・
って
言っちゃうかも知れません

はい

それに
実際遭ったら
ソリャ
モウ・・・
心身ともに
疲労困憊

ライフゲージ0(empty)
デスヨ

デモ
人間は立ち上がることができる

ソレを
赤ちゃんの頃から
練習してきてるわけだから

覚えてナイダロウケド

誰にも教わらず
立てたでしょ?



うん

アレ?

どこまでが
布教師さんの
お話か
判んなくなっちゃった

ま、ね

最近はリセット
ってコトバ

イイ意味じゃ使われなく
ナッテキタけど

いつまでも
苦しまない
リセットボタンを

自分で押すことも
ダイジ
ジャナイかい?

はい

ってことで
今日は
いい天気!

絶好の
草引き日和
yeah~
[PR]
by kouhouji | 2006-12-04 18:45

一座終了

ouch

イヤー
ねー

ヨウヤク
成道会の
第一座終了ッスよ

えー

成道会は2日間にわたって
オコナワレル
のですが

1日目に
法要を2度やるんでス

はい

法要ってのは
マズ
お釈迦様が悟りを
開いたオカゲデ
今日の仏教がアルワケ
ダカラ
それを記念して
ミンナアツマって
先祖供養シマショウと

はい

んで
塔婆供養トウバクヨウ
ってのを
引き続きヤリマス

コレハ

檀家のカタガタが
自分が供養したい
ご先祖や
故人のナマエを
・・・戒名(かいみょう)トイイマスが

んで
それを個別に御願いして
塔婆とイウ木の札に
その戒名を書いて
和尚さんがソレを読み上げて供養する
ってヤツです

はい

んで
法要と塔婆供養が
終わったら

おとき
エー
お昼ごはんッスよ

はい
c0094044_2039361.jpg


んで
おとき
終わったら

本山布教師による
お説教ガアリマシタ

まー
アレやな・・・

法話のプロ集団ッス

うん

えー

成道会ってことで
昨日ワタクシが書いた
お話のような
ことを
お話されて

お釈迦様ノネ

あ、この写真が
成道されたお釈迦様
ラシイ・・・

c0094044_20393023.jpg


by my father

うん

はい


引き続き

「当たり前なこと」

について
話された

ん?

当たり前ジャン
ソンナノ・・・

って
思ってることは

ホントに
ソウデスカ?

ん?

自分中心の
考え方じゃ
アーリマセンカ?

ん?

食べられる
トンカツの
身にナッタコト
アリマスカ?

ん?

と・・・

うーん・・・
ソダネ

アタリマエ
って

ワレワレが
感じている
ノハ
ホントは
存在しないのかも
シレマセンね

ソウじゃない
トコロに有る
アタリマエ・・・

さて
ナニ・・・


二日目に
ツヅク

おっとぉ~
今から
二座目ッス

準備準備・・・
[PR]
by kouhouji | 2006-12-02 20:40